チェンライのフライデーナイト
こんにちはー

昨夜は、私はバタバタしていましたが

父子は、息子の学校から、アカ族の里子たちの寮へ

中学生・高校生ばかりなので、男の子たちのサッカーはついていけませんでしたが、女の子たちのサッカーならば...と、参加した息子


私は用事をすませ、帰りが遅いなーと思っていたら、汗びっしょりで父子帰宅


遅くなったのでナイトバザールで食事

親はタイ風鍋を、息子は寿司を食べました
鍋は250円くらい(3人分)、寿司は一個30円くらいです


私たちにしては豪華な夕飯でしたが、タイのご飯はペッ(辛い)なので、良いタイミングで食べないとお腹をこわすので、体調と相談しながら、医者に行くのと、ちょっと高いけど安全なご飯を食べるかと比べつつですね


夜は家でまったり


息子はパパとうたた寝したり、パパをマッサージしてあげていました

平和な光景です。

しかし、今朝になると、火花が散って扇風機が壊れたり、日々色々ありますが...


生かされていること、元気なこと、頑張れていることに感謝です

その力の源は、心から大好きなイエス様に祈ることですね

本当です

是非、お試しあれ

ではではまた〜

- | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
entry_bottom
くつはどこ?
こんばんは〜

チェンライは夜の8時前です。日本とは2時間の時差があるようです


息子は現地の英語学校に通ってはや1週間
段々英語が出てきた と先生に言われてホッ


この学校は何を着てもいいし、どんなカバンでもいいし、どんな靴をはいてもいいのですが
息子は走るのが大好きなので、どんなに暑い日でも、スニーカーと靴下で登校します

ところが、靴下は穴があき、スニーカーは壊れ始めました
靴下はあと3足ありますが、靴はこれ1足のみ


色々探しましたが、なぜかサイズがないし、日本のような両面テープでバシッと止めるタイプの靴がとても少なく、ひも靴ばかり


うーん。。。悩む母に息子は「10月に日本にちょっとだけ帰るんでしょ。その時までガマンするよ」とのこと

じーん

しかし、今は6月。あと4ヶ月持つのだろうか

という親の心配はよそに、今日も元気な主恩くんでした
靴を探しに町で唯一近代的なスーパーに行きました ワクワク


今日も守られて感謝です
ではではまた〜
- | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
entry_bottom
賛美練習ナイト
こんばんはー

今日は息子の学校の後、アカ族の里子たちの教会へ行くため


外食でした
パッタイというタイの焼きうどんのようなものです

これは平山家みーんな大好き

合計で60バーツ(150円くらい)です


バイクに3人乗って教会へ
義父が5年の歳月をかけて、祈りによって建てたアカ族の教会

ここで若者たちと賛美練習をしました


10人くらい集まった子たち、みんな中学生くらいかな


日本語を勉強している子が多く、息子を見て「カワイイ」「カッコイイ」を連発


テレまくりつつも、はしゃぐ息子でした


アカ族の作る歌は、日本人の好きなメロディラインでジーンとくる賛美が多いのです


今日も、事故もトラブルもなく、守られ、新しい出会いもあり、賛美で平安が与えられ、すべて神様に感謝です


ではではまた〜

- | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
entry_bottom
感謝する日
こんにちは〜

今日は息子の学校でセレモニーがありました

「Teacher Respecting Day」と言って、先生を尊敬し、感謝の意を表す日です

これも教育の一環なのでしょう


私たち親も参加してみました

仏壇があるのが気になりましたが、日本よりしっかり仏教を教え込んでます

この「信仰心」は大事で、対象がイエス様に代わればいいわけです

日本人はこの信仰心のない人が多いので、また状況が複雑ですね


ま、そんなこんなで記念撮影
息子は真ん中より少し右側、袖が黒いTシャツを着ています。


サンドラちゃんという女の子(右端の緑の子)が息子を気に入ったらしく

私たちに会ったら「何でしゅおんは‘あの言葉’しかしゃべらないの?」
と聞いてきました

「あの言葉」とは日本語のことです

「しゅおんに英語を教えてあげてね」と言ったら、さっそく主恩の後をくっついていました

親としては嬉しかったです


いじめや差別がないことに、本当に感謝です


ではではまた〜
- | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
entry_bottom
いつの間にタイへ
こんにちは〜

長い長いブログお休みの後、やっと書くことができます

フェイスブックは毎日アップしていたのですが、なじみのない友人たちもいるかなと思い、少々ダブりますが、こちらもアップしていきたいと思います

いつの間にか、我々家族は、日本からタイ・チェンライへ引っ越しておりますが...

暑く、不便で、毎日問題が起こります
が、しかし神の奇蹟も同時に起こり、毎日感謝して生きています

昼間は35度以上の炎天下になり、

夕方は大雷雨で、日本では経験したことのない雷が落ちまくってますが

私たちは元気です


今日から息子がチェンライの学校に通い始めました。
モンテッサリというイタリア系教育の学校です。

これ、全校生徒。のどかでいいでしょう。
でも息子は、いきなりタイ語と英語の授業ですから、いじめなどがなく、守られ、楽しめるように、ただ祈るばかりです

今は私も勉強中ですが、この後バイクを買いに行ってきます
さすがに自転車は大変です

本当はトゥクトゥクという乗り物が欲しいのだけど。。。
今度写真アップしますね


愛する皆さんの祝福を祈りつつ
- | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
entry_bottom
shelf
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
recent_entry
archives
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINK
PROFILE
MOBILE
qrcode
search